新着情報 blog page

第13回 熊日わくわくクイズご応募受付中!

2015-07-06 (Mon) 11:32
新聞を読んで クイズに答えて 人吉の夏を味わおう!
 
 日頃から熊日新聞のご購読、誠にありがとうございます。

 7月5日朝刊のチラシ折込で、前月号の当選者の方を発表いたしました。
 「問題が見やすかった・見にくかった」「問題が難しかった・簡単だった」「こんな商品が欲しい」など、ご意見・ご感想がおありでしたら、メールなどにて教えていただけますと幸いです。
 今回も、賞品として地元の人気店で使える商品券を準備していますので、どしどしご応募ください! 

『熊日わくわくクイズ』について
 熊日新聞に掲載の『小中学生新聞くまTOMO』コーナーからクイズを出題します
 前月の『くまTOMO』コーナーをヒントにクイズを解いてご応募いただくと、全問正解者の中から抽選で、地元で人気の商品をプレゼントいたします!
★『くまTOMO』は、熊日新聞に土曜と日曜に掲載されている、熊本県内や世界中の出来事を紹介するコーナーです。
 すべての漢字にフリガナがふってあり読みやすくなっていますので、ぜひ親子で挑戦してみて下さいね!
 クイズについてご不明な点がございましたら、お気軽に(有)熊日人吉販売センターへお問い合わせください。

 問題が難しくて「どうしてもわからない!」という方は、お気軽に当販売店までお尋ねください。

 皆さまのご応募、お待ちしております。
 

 【クイズ折込日】  平成27年7月5日(日)
  【応募締切日】  平成27年7月25日(土)
  【出 題 範囲】  平成26年6月1日(月)~30日(火)の間の土曜・日曜日掲載
              『小中学生新聞 くまTOMO』コーナー
  【賞品】
A賞 『お食事券(1000円分)』 ……3名様
                  (丸一蕎麦屋様より)
 
       B賞 『お食事券(1000円分)』  ……3名様
              (てっぱんキッチン大和様より)
 
       C賞  『ぷれすけ図書カード(500円分)』 …2名様 
 
Q.㋐~㋓の中から、質問の答えとして正しい言葉または( ? )内に入る正しい言葉を選びましょう。
 小国町の温泉旅館『まつや』が運営する『小国まつや発電所』は、県内唯一の( ? )発電所。温泉からでる大量の蒸気のエネルギーを有効に使おうと、2014年5月に発電を始めた。       [6月7日『キャッチ熊本』]
  水力 火力 原子力 地熱
 新しい道路交通法により、信号無視や歩道での歩行者妨害、一時停止違反などの危険行為に対する処罰が重くなった。自転車に乗る( ? )歳以上の人が対象で、3年以内に2回以上危険行為を摘発されると、5,700円を支払って講習を受けなければならず、受講しなければ5万円以下の罰金がとられる。  [6月20日『レッツえいGO!』]
  10 14 18 20
 今でも町内会などから回ってくることが多い( ? )は、戦争から生まれた。5~10世帯を1組とする『隣組』を国が作らせた1940年頃、( ? )は戦争についての国の考えや、生活に必要な情報をすみずみまでに知らせる、最も確実な方法だった。                 [6月21日『さだじいの戦争かるた』コーナー]
  ラジオ テレビ 回覧板 町内放送
 小型無人飛行機『( ? )』の利用が広がっている。高性能で「空飛ぶロボット」ともいわれ、農業や災害時の救助などいろいろな使い道がある一方、けが人が出る事故も起きるなど墜落の不安があり、国の重要な建物の上や多くの人が集まる場所では飛ばせないルールが必要となっている。   [6月27日『ニュースなぜなに』コーナー]
  ドローン ヘリコプター タケコプター ジェット機
 鹿児島県の口永良部島[くちのえらぶじま]で火山が噴火して島の人たちが避難した。( ? )前から今までに噴火したことがあったり、今もけむりを上げたりしている『活火山』は日本に110ある。そのうち富士山など50近い火山は、噴火にそなえてマグマの動きなどをいつも観測している。   [6月28日『ニュースのヒント』コーナー]
  100年 500年 1000年 1万年
 

Trackback

Trackback URI:

Comments

Name: 

URL:

Comment:

Captcha:


Contents

Blog Category

Blog Calendar

尾木直樹さん講演 「批判的思...

教育評論家尾木直樹さんが講演会で新聞を教育に生かした経験を語りました。世界で求められる「批判的思考力」や生き抜くために必要な様々な力を養う手段として、授業の中で新聞を活用することを勧められています。教育現場に携わる方だけでなく、子どもがいらっしゃる方もぜひご一読ください。[平成2­7­年8月1­0­日熊日日日新聞より]
RSS 2.0